月別アーカイブ: 2017年9月

「婚活」ではなく「人と出会う」意識を!

まず私が考えていることは、「婚活をしよう」と気張ることなく「人と出会う」ことを目的とすることがいいのではないかということです。「結婚」とは人生のゴールではもちろんなく、そこからさらなる人生が始まります。一人で自由に生きてきたそれまでとは全く違い、色々なことに遠慮をして気を遣っていくことになるのです。既に背負うものが多い人は、相手にも境遇を共有してもらわなければなりません。もちろん、それが大きな幸せにもつながります。大切なことは、「この人と未来を作りたい!」と思えることだと思うのです。そのために、大切に思える存在と出逢えるための「人との出会い」をまずは目標にすべきではないでしょうか。

 
人により、周囲の環境でなかなか異性と出会うきっかけがないという人はたくさんいらっしゃいます。そういう方々にとっては手助けをしてくれる「婚活サイト」に申し込むのは、人との出会いのきっかけの1つとなります。登録費用やイベント参加費はそのための勉強費だと思えるなら、とても有益なツールだと思います。気を付けなければいけないと思うのは、自分の条件を決めつけることです。人の出会いの中で、自分とは違う人と出会うということは、共感したり、相反したりを繰り返して気が合う人を見つけていきます。どのようなタイプの人が自分に合っている人なのか、さらには自分がどんなタイプの人間か、まずは特に決めつけたり意識し過ぎずに、人と接してみると、相手に求めるもの・自分の人間像がより見えるようになり、結婚した後もより相手への愛情をもてると考えます。

自治体が主催の婚活イベントがおすすめ

自治体主催の婚活イベントは意外とおすすめです。結婚相談所のイベントがどのようなものかわかりませんが、自治体主催のものは細やかなスケジュールも記載してありスタッフも町役場や市役所の人だったりで安心です。あまり堅苦しくならず、季節の行事に合わせたようなものも多く楽しそうです。 またその自治体に住居を構えたりする場合、住み良いまちづくりの一環で様々な補助や支給があったりと何かとお得なことも魅力のひとつです。

ただ、一度の婚活イベントで良い出会いがあるとは限りません。事前にリサーチをしたり努力をしても上手くいかないことの方が多いのも事実です。ダメでも何度もチャレンジして欲しいですし、参加することにとても意義があるように感じます。なかなか上手くいかないと気分が塞いでしまったり、プレッシャーになってしまいます。誰でもこんなものだ、くらいの心構えで良いと思います。

実際に私の友人たちも何度か自治体主催の婚活イベントに参加しましたが、すぐに結婚にはならなくてもとても楽しかったそうです。その後も気が合った人たちとは友人になり、お互いの近況を報告したり仲間が増えたことを何より喜んでいます。初めての方は抵抗感もあるとは思いますが友人のそのような姿を見ていると婚活イベントへの参加も楽しそうだなと思えました。

効率重視!アプリで婚活

20代半ばを過ぎると訪れる【結婚ラッシュ】
別に焦ってもないし、まだまだ仕事も頑張りたい!でも、結婚していく友達のSNSやアイコンはウェディングドレス姿や赤ちゃんとの2ショットに変わっていく。はい、正直羨ましいと思ってます。私自身もそうです。家と職場の往復で出会いすらないし、かと言って街コンは参加費が高い割に確実に出会えるとも限らない。合コンの開催数だって既婚者が増えるにつれて減少していく。

どうしようと悩んでいた時に見つけたのが、マッチングアプリの『pairs』
このアプリはFacebookと提携していて、友達にバレないシステムになっています。メッセージをやり取りするにも身分証確認が行われていて安心ですし、何と言っても女性の利用料はオプション機能をつけずに使えば無料!(オプション機能をつけずに利用していますが、何の支障もありません)
また空いた時間にささっと確認して、気になる男性にいいねを押すだけなんです。しかも、プロフィールをしっかりと作っておけば、放っておいても勝手に相手からいいね!やメッセージがきます。わざわざ出会えるかどうかもわからない街コンや合コンに行くより、自分が恋人に求める条件をプロフィールで確認してより効率が良いですし、自分にぴったりの方がいると思います。

理想の出会いで結婚するための婚活

最近では私の周りでも婚活サイトや結婚相談所で出会って結婚する友人が増えてきました。結婚したい人にとってはとても効率的で良いと思います。 しかし理想の出会いで結婚したい方は以下の2つの婚活方法をおすすめします。
一つ目は知り合いや友達を作るために学校や、サークルに入ることです。週に2~3回と頻繁に顔を合わせるような所が良いでしょう。私の経験談です。私は通信大学と夜間の専門学校に通いました。通信大学は授業が年に数回だったので授業で顔を合わせる事はありませんでしたが懇親会で仲良くなった友人と飲んだり旅行したりしていました。調理師の専門学校は平日毎日顔を合わせるので自然と仲良くなりました。結果、私は通信大学で知り合った人と結婚して今でも幸せに暮らしています。共通の知り合いも沢山いるので楽しいです。

 

二つ目は少し思い切りが必要ですが、職場を変えてみること。これは私の目撃談です。私が一流企業に派遣社員として勤めていた頃、私の同僚は何人も社内恋愛をして寿退社していました。私は残念ながらその仲間に入れなかったですが、良い婚活方法だなと当時思いました。今は婚活パーティーや街コンなどもありますが、まだまだ行くのに勇気がいるという方はぜひ上の2つの方法を試してみて下さい。

紹介での婚活は思ったよりいいかも

婚活と言うと今では、婚活サイトへの登録でやるものだと言う雰囲気がありますが、でも古くからのお見合いと言うのも実は効果的です。相手のことがしっかりと解りますし、紹介する人も責任がありますから、きちんとした人を紹介してくれます。

ただやはり、親戚の紹介でのお見合いと言うのは、色々と義理もあったりして断りづらいとか、堅苦しいってこともありますよね。なのでここは友人の紹介を頼んでの婚活が、結構いい感じにしかも気軽に行けるのでおすすめです。

正直なところ、合コンとかダブルデートなんて言うのも、この範疇に入るのではないでしょうか。そう考えると、気軽で手軽でしかも紹介と言う事で割と安心できる出会いですよね。幸い誰でも親しい友人は数人はいるものです。その人たちに1回ずつ頼んだとしても、人数分の婚活が出来るわけです。大体友人と言うのはそこそこ趣味も合うはずなので、その紹介の場合外れを引くことも少ないと言えます。

この時すでに結婚している友人に頼むと、これまたベターですね。結婚して夫がいて、すでに一家をなしている場合、あまり軽々しく誰かを紹介は出来ないものです。それなりに責任をもって紹介してくれるので、割と安心して最初の一歩を踏み出せるはずです。結果もし、相手と合わない場合も紹介者が友人なら、割と気楽にその旨伝えられますよね。

ちなみにこの紹介での出会いと言うのは、心の中で、この先この相手と何十年か一緒に暮らせるだろうかとお互いその点を図っているわけです。恋愛で曇った眼でなく冷静に相手を見られることも、結婚後の成功につながると言えるでしょう。

お見合いに定番の服装はスーツ チェックポイントは?

婚活する方法は世にいろいろと溢れていますが、代表的なのはお見合いです。そこで大事な事は第一印象です。その人の雰囲気などもありますが、服装や身だしなみも重要です。そこでお見合いの時に男性がスーツを着ていく際のポイントについて知りましょう。
・スーツを着こなす事が大事
男性の服装で一番定番なのは昔からスーツです。仕事で毎日着ている人はスーツにメリハリがなくなっているかもしれません。またフケが積もっている人などは論外です。そこで、お見合いに着ていくスーツを別に用意して、また使った後にはクリーニングに出すようにしましょう。それから、購入してからある程度の年数を過ぎれば、新しいスーツを新調する方がいいでしょう。スーツには流行もありますし、型も古くなっていきます。それから靴も気を抜けません。綺麗に磨く事を習慣にしましょう。
また靴下はスーツの色に合うようにダークトーンにします。例えば白などを組み合わせるのはやめておいた方がいいです。理由はまるで学生のように見えるからです。それからカバンも持っている方がいいです。スーツのポケットをフルに利用して、手ぶらでお見合いに行く人もいますが見た目がスッキリとしないのでカバンを持つ方がいいです。今も昔もお見合いで男性の定番の服装はスーツになります。清潔感を心がけてピシッと決めていきましょう。ヨレヨレのスーツでは印象は最悪です。気を付けてください。

30代後半の婚活について

何もしなくても自然に結婚できるものだと思っていたらあっという間に35を過ぎてしまいます。気づけばまわりは皆結婚していて、合コンもほとんどなくなっていきます。いよいよまずいと思い婚活を真剣に始めようとしたものの結婚相談所に登録する勇気も費用もなく、さらには結婚相談所は最後の砦と、まず初めにネットのお見合いサイトにいくつか登録しました。写真と簡単なプロフィール、条件で相手を絞り、マッチした段階でメールをスタートしますが、いかにも定例文が送られてきたり、自分の話しかしなかったり、セフレを探しているだけだったり会ってみようと思える人はなかなか見つかりませんでした。
ただ登録するにあたり自分がどのような方を結婚相手として望んでいるのか向き合ういいきっかけになります。具体的な相手のイメージがあったほうが婚活は進めやすいです。その後、ネットで婚活をしている同世代の友人と知り合いになり一緒に婚活を始めることにしました。彼女と一緒にパーティーに参加したり婚活報告をしたり、以前より積極的に楽しく婚活ができるようになりました。失敗した話や進展報告などしているとまた次頑張ろうとゴールの見えない婚活でも心がおれることなく続けることができました。信用できる友達と婚活をすることはオススメします!婚活パーティはいくつか参加しましたが、1:1のものはベルトコンベアのようにどんどん人がチェンジするのでかなり疲れますが一度にたくさんの人と会えるのでオススメです。パーティや交流会に参加したら必ず最低一人と連絡先を交換するとノルマを決めるのもいいです。

なにしろ多くの人と会うことが重要だと思います。20代の若い女性はどんどん声がかかりますが、30代後半の女性はなかなか難しいです。待っているだけでなくこちらからも積極的に動いた方がよいです。ちなみに、条件のよい交流会やパーティにこられる男性は、若い女性か美しい女性を好む経営者が多く、真面目に結婚を考えてられるような方は少ない印象です。共通の趣味がテーマにあるようなパーティを選ぶのも手だと思います。最後に、条件でマッチした!と先を急いでしまうと性格面での不一致などに気づけない場合があるので、お付き合いを慎重に進めるのも必要だと思います。